歯の神経を抜いた後:その後、痛み、治療時間、回数、注意点などを徹底解説!

 


歯の神経を抜くと、痛み不安を感じる方も多いですよね。今回は、歯の神経を抜いた後のその後の痛み治療時間回数注意点などについて、詳しく解説します。

1. 歯の神経を抜いた後、痛いのはいつまで?

歯の神経を抜いた後は、数日間痛み腫れを感じることがあります。一般的には、1~2週間程度で痛みは治まりますが、個人差があります。

痛みが強い場合は、痛み止めを服用したり、冷湿布を当てたりすると効果的です。

2. 歯の神経を抜くのにかかる時間は?

歯の神経を抜くのにかかる時間は、歯の状態歯科医の技術によって異なりますが、30分~1時間程度が目安です。

難しい場合は、1時間以上かかることもあります。

3. 親知らずの神経を抜くのは痛い?抜歯と神経を抜くのはどっちが痛い?

親知らずの神経を抜くのは、他の歯の神経を抜くよりも痛いと感じる人が多いようです。

抜歯神経を抜くのは、どちらが痛いとは一概には言えません。歯の状態歯科医の技術によって異なります。

4. 歯の神経を抜くのは何回必要?

歯の神経を抜く回数は、歯の状態によって異なります。

一般的には1回で済むことが多いですが、根っこの形状が複雑な場合などは、複数回治療が必要になることもあります。

5. なぜ歯の神経を抜くのか?

歯の神経を抜くのは、虫歯歯髄(しずい:歯の神経と血管を含む組織)にまで達し、炎症痛みがひどい場合に行われます。

神経を抜くことで、痛み炎症を抑えることができます。

6. 乳歯の神経を抜いた後

乳歯の神経を抜いた後も、永久歯が生えてくるまで経過観察が必要です。

神経を抜いた後の空洞は、詰め物をして保護する必要があります。

7. 歯の神経を抜くとどうなる?

歯の神経を抜くと、痛み炎症が治まり、歯を失うリスクを減らすことができます。

しかし、神経がない歯は脆く折れやすいというデメリットもあります。

8. 虫歯の神経を抜いた後、痛いのはいつまで?

虫歯の神経を抜いた後、痛みが続く場合は、根尖性歯周炎などの合併症の可能性があります。

早めに歯科医院を受診するようにしましょう。

まとめ

歯の神経を抜いた後は、痛み腫れを感じることがありますが、数日間~2週間程度で治まります。

痛みが強い場合は、痛み止めを服用したり、冷湿布を当てたりすると効果的です。

歯の神経を抜いた後は、定期的な検診を受け、歯の状態観察することが大切です。

今回の記事が、歯の神経を抜いた後の疑問を少しでも解消できれば幸いです。

Popular posts from this blog

りそな銀行で名義変更:必要な手続きと注意点(氏名変更、

体調不良でそのまま退職する方法:円満に退職するためのステップガイド

ハムスターが死にそう!?応急処置と対処法ガイド