供述調書作成から法廷まで: その後の流れを徹底解説

 


供述調書は、警察官や検察官が被疑者から事情聴取を行い、その内容を記録した書類です。捜査機関にとって重要な証拠となる一方、被疑者にとっては不利な証拠となる可能性もあります。

供述調書を作成された後は、どのような流れになるのでしょうか? このブログ記事では、供述調書作成後の流れについて詳しく解説します。

供述調書 参考人

供述調書には、被疑者だけでなく、参考人と呼ばれる人物の供述も記録されることがあります。参考人とは、事件について捜査機関に事情聴取を受けるものの、被疑者ではない人物のことを指します。

参考人として供述調書を作成された場合、被疑者と同じように署名・押印を求められます。署名・押印を拒否することはできますが、供述調書の内容を否認したい場合は、署名・押印した後に訂正を求める必要があります。

供述調書 証拠能力

供述調書は、裁判で証拠として採用される可能性があります。供述調書証拠能力は、以下の要素を総合的に判断して決定されます。

  • 供述調書の作成方法:供述調書の作成過程に違法性がないかどうか
  • 被疑者の供述内容:被疑者が自白しているかどうか、供述内容が信用できるかどうか
  • その他の証拠:****供述調書の内容と他の証拠との整合性

供述調書は、唯一の証拠ではなく、あくまでも他の証拠と併せて判断されます。

供述調書 奥書 書き方

供述調書には、奥書と呼ばれる欄があります。奥書には、供述調書の作成日時、場所、作成者、被疑者・参考人の氏名、署名・押印の有無などが記載されます。

奥書は、供述調書の信ぴょう性を担保する重要な役割を果たします。

供述調書 サインしない

供述調書署名・押印を拒否することはできます。署名・押印を拒否した場合、供述調書証拠能力に影響を与える可能性がありますが、供述内容を否認することは可能です。

供述調書署名・押印する前に、必ず内容をよく確認し、納得してから署名・押印するようにしましょう。

交通違反 供述調書 その後

交通違反供述調書を作成された場合、警察から違反切符が交付されます。違反切符には、違反点数罰金納付期限などが記載されています。

違反切符に記載された納付期限までに罰金を納付しないと、公務執行妨害罪で処罰される可能性があります。

違反内容に納得できない場合は、行政不服審査請求裁判で争うこともできます。

供述調書 嘘 罪

供述調書に虚偽の内容を記載した場合、偽証罪に問われる可能性があります。偽証罪は、5年以下の懲役または100万円以下の罰金に処せられる犯罪です。

供述調書は、捜査機関にとって重要な証拠となるため、虚偽の内容を記載することは絶対に避けてください。

供述調書 否認

供述調書の内容を否認したい場合は、警察検察官否認の意思を伝えなければなりません。否認の意思を伝えた後、弁護士に相談して、供述訂正したり、捜査機関反論したりすることができます。

供述調書 閲覧 第三者

供述調書は、被疑者・参考人、弁護士裁判官検察官など、限られた人しか閲覧することができません。一般の人には、供述調書の内容が公開されることはありません。

供述調書は、捜査機関にとって重要な証拠であると同時に、被疑者・参考人の人権に関わるものです。供述調書を作成された場合は、内容をよく確認し自分の権利を守るために、弁護士に相談することをおすすめします。

まとめ

供述調書は、警察や検察官が被疑者から事情聴取を行い、その内容を記録した書類です。供述調書は、裁判で証拠として採用される可能性があり、供述内容によって、被疑者のが決定されることもあります。

供述調書を作成された場合は、内容をよく確認し納得できない点があれば、警察検察官質問したり、弁護士に相談したりすることが大切です。

供述調書は、自分の権利を守るための重要なツールです。供述調書について、不安な点があれば、一人で悩まずに、弁護士に相談してください。

弁護士に相談する

供述調書について、弁護士に相談したい場合は、以下の方法があります。

  • 全国の弁護士会に相談する
  • インターネットで弁護士を探す
  • 知人や友人から弁護士を紹介してもらう

弁護士に相談する際には、供述調書のコピーや、事件に関する資料を用意しておくと良いでしょう。

弁護士は、供述調書の内容を分析し、アドバイス弁護をしてくれます。

供述調書は、自分の将来に関わる重要な書類です。供述調書署名・押印する前に、必ず弁護士に相談することをおすすめします。

その他

供述調書に関する情報は、以下のサイトでも確認できます。

  • 法テラス
  • 刑事弁護センター 
  • 警察庁

免責事項

このブログ記事は、供述調書に関する一般的な情報を提供するものであり、法律相談に代わるものではありません。供述調書について具体的なアドバイスが必要な場合は、弁護士に相談してください。

Popular posts from this blog

りそな銀行で名義変更:必要な手続きと注意点(氏名変更、

体調不良でそのまま退職する方法:円満に退職するためのステップガイド

ハムスターが死にそう!?応急処置と対処法ガイド