バッテリー上がり、その後どうすればいい?原因、対処法、再発防止策まで徹底解説

 


愛車で出かけた先で突然エンジンがかからない!そんな経験は誰しも一度はありますよね。特に、冬場や夏場など、気温が極端な時期はバッテリー上がりが起こりやすくなります。

今回は、バッテリー上がりの原因、その後の対処法、再発防止策まで、徹底解説します。

1. バッテリー上がり、料金の相場

バッテリー上がりのロードサービスを利用した場合の料金は、5,000円〜10,000円程度が相場です。

ただし、以下の場合は、料金が異なる場合があります。

  • 夜間・早朝:割増料金が発生する可能性があります。
  • 遠隔地:出張料金が発生する可能性があります。
  • 特殊車両:重機やバスなど、特殊車両の場合は料金が高額になる可能性があります。

2. バッテリー上がりを放置するとどうなる?

バッテリー上がりを放置すると、以下の問題が発生する可能性があります。

  • バッテリーの劣化:バッテリー上がりを繰り返すと、バッテリーが劣化しやすくなります。
  • エンジン始動不能:バッテリーが完全に上がってしまうと、エンジンが始動できなくなります。
  • 電気系統のトラブル:バッテリー上がりが原因で、電気系統のトラブルが発生する可能性があります。

3. バッテリー上がり後、車を運転できる?

バッテリー上がり後、すぐに車を運転することは 避けるべきです。

バッテリー上がりによってバッテリーが弱っているため、再び上がってしまう可能性があります。

また、バッテリー上がりによって電気系統にダメージを受けている可能性もあります。

車を運転する前に、ロードサービス業者整備士に点検してもらいましょう。

4. バッテリーが上がってしまう原因

バッテリーが上がってしまう原因は、主に以下の通りです。

  • 車の電装品を使いすぎ:ヘッドライトやエアコンなどを長時間使用していると、バッテリーの電力が消耗し、上がってしまう可能性があります。
  • バッテリーの寿命:バッテリーは消耗品であり、経年劣化によって寿命が尽きます。一般的には、3〜5年程度で交換が必要となります。
  • 充電不足:短距離の走行ばかりしていると、バッテリーが十分に充電されないことがあります。
  • 気温の変化:冬場の寒さや夏場の暑さは、バッテリーの性能を低下させ、上がってしまう可能性があります。

5. バッテリー上がったらその後

バッテリーが上がってしまった場合は、ロードサービス業者整備士に助けを求めましょう。

自分で対処しようとすると、感電や火災などの危険がありますので、必ず専門家に依頼してください。

6. バッテリー上がりの再発防止策

バッテリー上がりの再発防止策としては、以下のことが挙げられます。

  • 車の電装品を使いすぎない:ヘッドライトやエアコンなどは、必要な時だけ使用するようにしましょう。
  • バッテリーの定期的な点検・交換:バッテリーは、定期的に点検し、寿命が尽きる前に交換しましょう。
  • 短距離の走行を避ける:短距離の走行ばかりしていると、バッテリーが十分に充電されないことがあります。可能であれば、長距離の走行を心がけましょう。
  • 気温の変化に注意する:冬場の寒さや夏場の暑さは、バッテリーの性能を低下させます。車庫に駐車できる場合は、車庫に駐車しましょう。

まとめ

バッテリー上がりは、誰にとっても起こりうるトラブルです。

原因や対処法、再発防止策を理解しておくことで、トラブルを未然に防ぐことができます。

もし、バッテリーが上がってしまった場合は、慌てずにロードサービス業者や整備士に助けを求めましょう。

Popular posts from this blog

りそな銀行で名義変更:必要な手続きと注意点(氏名変更、

体調不良でそのまま退職する方法:円満に退職するためのステップガイド

ハムスターが死にそう!?応急処置と対処法ガイド