軽い接触事故で「その場で和解」はNG!後々トラブルになるリスクと賢い対処法

 


1. 事故現場での和解は絶対NG!知恵袋でも推奨されない理由

軽い接触事故だからといって、事故現場で相手と示談(和解)するのは絶対に避けてください。これは、たとえ相手が示談を持ちかけてきても、絶対に断るべきです。

知恵袋でも多くの弁護士が**「その場で和解は絶対にNG」**と回答しています。その理由は以下の通りです。

  • ケガや車の損傷の程度を正確に把握できない
    • 事故直後は、アドレナリンの影響で痛みを感じにくかったり、車の損傷の全貌が把握できなかったりする可能性があります。
    • 後から症状が悪化したり、思わぬ修理費用が発生したりする可能性もあります。
  • 冷静な判断ができない
    • 事故直後は、誰でもパニックになり冷静な判断ができません。
    • 焦って不利な条件で示談してしまうリスクがあります。
  • 証拠を収集できない
    • 事故現場の状況や相手とのやり取りを記録しておかなければ、後々トラブルになった際に不利な証拠となります。

2. 事故直後の適切な対応:警察へ連絡し、証拠を収集する

軽い接触事故であっても、以下の手順で適切な対応をすることが重要です。

  1. 警察へ連絡する
    • 警察に通報することで、事故記録が残ります。
    • 軽微な事故であっても、必ず通報しましょう。
  2. 相手方の情報を交換する
    • 氏名、住所、電話番号、保険会社名、保険加入番号などを控えておきます。
  3. 事故現場の写真を撮る
    • 車両の損傷状況、事故現場の状況などを記録しておきます。
    • 目撃者がいる場合は、連絡先を控えておきます。
  4. 病院で診察を受ける
    • ケガをしていないと思っていても、念のために病院で診察を受けましょう。
    • 後から症状が悪化する可能性もあります。

3. 軽い接触事故でも示談は慎重に:弁護士に相談することをおすすめします

事故の状況や損害の程度によっては、示談ではなく損害賠償請求をする必要がある場合もあります。

示談を検討する場合は、必ず弁護士に相談してから決定しましょう。

弁護士は、示談金の適正額を判断したり、相手方との交渉を代行したりすることができます。

4. 弁護士費用について:自己負担が心配な場合は、無料相談を活用しましょう

弁護士に相談する場合、費用が気になる方もいるかもしれません。

多くの法律事務所では、初回相談は無料で行っています。

まずは気軽に相談してみて、必要に応じて弁護士に依頼することを検討しましょう。

5. 軽い接触事故でも相手が行方不明・逃走した場合の対処法

相手方が事故現場から逃走したり、連絡が取れなくなったりした場合でも、諦めずに以下の方法で対処することができます。

  • 警察へ被害届を提出する
  • 任意保険会社に事故を報告する
  • 弁護士に相談する

6. 軽い接触事故でも「大丈夫」と言われたら、念のために病院で診察を受ける

相手方から「大丈夫だから」と言われても、必ず念のために病院で診察を受けましょう。

軽い接触事故であっても、むち打ち症などの後遺症が残る可能性があります。

7. まとめ:軽い接触事故でも適切な対応をしましょう

軽い接触事故だからといって、安易にその場で和解したり、相手方の言葉を鵜呑みにしたりするのは危険です。

上記で紹介した適切な対応を参考に、自分の身を守りましょう。

もし、軽い接触事故でトラブルに巻き込まれてしまった場合は、一人で抱え込まずに弁護士に相談することをおすすめします。

Popular posts from this blog

りそな銀行で名義変更:必要な手続きと注意点(氏名変更、

体調不良でそのまま退職する方法:円満に退職するためのステップガイド

ハムスターが死にそう!?応急処置と対処法ガイド