りそな銀行住宅ローン:審査は厳しい?団信なしは可能?メリット・デメリット・審査基準などを徹底解説

 


りそな銀行は、都市銀行の中でも住宅ローンに力を入れていることで知られています。

金利の低さや豊富な商品ラインナップから、多くの人から支持されています。

しかし、りそな銀行住宅ローンでは、団信と呼ばれる団体信用生命保険への加入が義務付けられています。

団信は、万一借り手が亡くなった場合や、病気やケガなどで働けなくなった場合に、住宅ローンの返済を免除してくれる保険です。

しかし、団信の保険料は高額なため、加入を躊躇する人もいるでしょう。

そこで今回は、りそな銀行住宅ローンの団信なしについて、メリット・デメリット、審査基準などを詳しく解説します。

1. りそな銀行住宅ローン 団信なしのメリット

りそな銀行住宅ローンで団信なしを選ぶメリットは以下の通りです。

  • 保険料が節約できる: 団信に加入しないことで、保険料を節約することができます。
  • 自由な保険を選ぶことができる: りそな銀行で指定する団信ではなく、自分で自由に保険を選ぶことができます。

2. りそな銀行住宅ローン 団信なしのデメリット

りそな銀行住宅ローンで団信なしを選ぶデメリットは以下の通りです。

  • 審査が厳しくなる: 団信なしの場合は、団信ありよりも審査が厳しくなります。
  • 万が一の際にローンが返済できなくなるリスクがある: 団信なしの場合は、万一の際にローンが返済できなくなるリスクがあります。

3. りそな銀行住宅ローン 団信なし 審査基準

りそな銀行住宅ローンで団信なしの審査基準は、団信ありの場合よりも厳しくなります。

具体的には、以下の点に注意する必要があります。

  • 自己資金: 団信なしの場合は、より多くの自己資金が必要となります。
  • 返済能力: 団信なしの場合は、より高い返済能力が必要となります。
  • 連帯保証人: 団信なしの場合は、連帯保証人が必要となります。

4. りそな銀行住宅ローン 団信なし おすすめの人

りそな銀行住宅ローンで団信なしがおすすめの人は、以下の通りです。

  • 保険料を節約したい人: 団信の保険料を節約したい人
  • 自分で自由に保険を選びたい人: りそな銀行で指定する団信ではなく、自分で自由に保険を選びたい人
  • 自己資金が多い人: 団信なしの場合は、より多くの自己資金が必要となるため、自己資金が多い人
  • 高い返済能力がある人: 団信なしの場合は、より高い返済能力が必要となるため、高い返済能力がある人
  • 連帯保証人を立てられる人: 団信なしの場合は、連帯保証人が必要となるため、連帯保証人を立てられる人

5. りそな銀行住宅ローン 団信なし まとめ

りそな銀行住宅ローンで団信なしを選ぶ場合は、メリットとデメリットをよく理解した上で、慎重に検討することが大切です。

自己資金や返済能力に自信がある人は、団信なしを選ぶことで保険料を節約することができます。

しかし、万が一の際にローンが返済できなくなるリスクがあることを忘れないでください。

団信なしを選ぶかどうかは、個人の状況や考え方によって異なります。

自分に合った住宅ローンを選ぶために、複数の金融機関で相談することをおすすめします。


    Popular posts from this blog

    りそな銀行で名義変更:必要な手続きと注意点(氏名変更、

    体調不良でそのまま退職する方法:円満に退職するためのステップガイド

    ハムスターが死にそう!?応急処置と対処法ガイド