【完全網羅】そうろう(早漏)防止薬:塗り薬、市販薬、トノス、通販、病院まで徹底解説!

 


悩める男性必見! パートナーとの性生活をより充実させるために、そうろう(早漏)防止薬について深く掘り下げます。塗り薬、市販薬、トノス、通販、病院など、様々な選択肢を網羅し、あなたに合った方法を見つけるお手伝いをいたします。

1. そうろう防止薬 塗り薬:手軽で効果的な選択肢

そうろう防止薬 塗り薬は、手軽に使える点が魅力です。性行為前に塗るだけで、感覚を鈍らせ、射精までの時間を延長することができます。代表的な成分としては、リドカインが挙げられます。

メリット:

  • 手軽に使える
  • 効果が早い
  • 副作用が少ない

デメリット:

  • 効果の持続時間が短い
  • 全体に塗ると感覚が麻痺してしまう可能性がある
  • 人によっては効果を実感できない場合がある

おすすめ商品:

  • リドカインスプレー
  • パロキセチンゲル

2. そうろう 防止薬 ドラッグストア:手軽に購入できる選択肢

ドラッグストアで購入できるそうろう防止薬は、主にサプリメントやジェネリック医薬品となります。手軽に購入できる反面、効果や安全性については医師に相談することをおすすめします。

メリット:

  • 手軽に購入できる
  • 副作用が比較的少ない

デメリット:

  • 効果の個人差が大きい
  • 医薬品によっては処方箋が必要なものもある

おすすめ商品:

  • マカ
  • アルギニン
  • 亜鉛

3. そうろう防止 飲み薬 市販

市販のそうろう防止薬には、様々な種類があります。代表的な成分としては、ダポキセチンが挙げられます。ダポキセチンは、脳内のセロトニン量を増やすことで、射精までの時間を延長する効果があります。

メリット:

  • 効果が比較的強い
  • ドラッグストアで購入できる

デメリット:

  • 副作用がある
  • 医師に相談が必要なものもある

おすすめ商品:

  • プリリジー
  • ベジタ

4. そうろう防止薬

そうろう防止薬には、塗り薬、市販薬以外にも様々な種類があります。

  • 内服薬: ダポキセチン、シルデナフィル
  • 漢方薬: 六味地黄丸、牛黄丸
  • カウンセリング: 心因性のそうろうであれば、カウンセリングが有効な場合もあります。

自分に合った方法を見つけるために、医師に相談することをおすすめします。

5. そうろう防止薬 薬局

そうろう防止薬は、病院やオンライン診療で処方してもらうことができます。医師の診察を受け、自分に合った薬を選ぶことが重要です。

メリット:

  • 医師に相談しながら薬を選ぶことができる
  • 副作用のリスクを減らすことができる

デメリット:

  • 健康保険が適用されない場合がある
  • 時間と手間がかかる

そうろうに悩んでいる方は、ぜひ医療機関を受診することをおすすめします。

6. そうろう防止薬 トノス

トノスは、早漏治療薬として有名な医薬品です。有効成分であるタダラフィルは、PDE5阻害薬という種類の薬で、勃起を促進し、射精までの時間を延長する効果があります。

メリット:

  • 効果が強い
  • 長時間作用する

デメリット:

  • 副作用がある
  • 医師に相談が必要

トノスは、医師の処方箋が必要な医薬品となります。

7. そうろう防止薬 通販

そうろう防止薬は、通販で購入することもできます。ただし、医師の診察を受けずに購入することはおすすめできません。

メリット:

  • 手軽に購入できる

デメリット:

  • 偽造品のリスクがある
  • 医師に相談できない

通販で購入する場合は、信頼できる販売店を選ぶようにしましょう。

8. そうろう防止薬 病院

そうろうに悩んでいる方は、泌尿器科や男性科を受診しましょう。医師は、症状の原因を診断し、適切な治療法を提案してくれます。

診察を受ける際には、以下のことを医師に伝えましょう。

  • 症状
  • 服用している薬
  • 過去の病歴

医師の指示に従い、適切な治療を受けることが大切です。

9. そうろう防止薬 リドカイン

リドカインは、そうろう防止薬として広く使用されている成分です。局所麻酔薬として知られており、塗り薬やスプレーなどの形態で販売されています。

リドカインの作用メカニズム

リドカインは、神経細胞の膜電位を抑制することで、感覚を鈍らせます。具体的には、ナトリウムチャネルをブロックすることで、神経細胞へのナトリウムイオンの流入を抑制します。これが、そうろう防止効果につながります。

リドカインのメリット

  • 手軽に使える
  • 効果が早い
  • 副作用が少ない

リドカインのデメリット

  • 効果の持続時間が短い
  • 全体に塗ると感覚が麻痺してしまう可能性がある
  • 人によっては効果を実感できない場合がある

リドカイン配合のそうろう防止薬

  • リドカインスプレー
  • パロキセチンゲル

リドカインの使用上の注意点

  • リドカインは、アレルギー反応を起こす可能性があります。初めて使用する場合は、少量を腕の内側に塗布してパッチテストを行ってください。
  • 目や口に入らないように注意してください。
  • 妊娠中・授乳中の方は、使用前に医師に相談してください。

リドカインは、そうろうを改善するための有効な選択肢の一つです。ただし、他の薬との併用や、持病がある場合は、医師に相談してから使用することが重要です。

Popular posts from this blog

りそな銀行で名義変更:必要な手続きと注意点(氏名変更、

体調不良でそのまま退職する方法:円満に退職するためのステップガイド

ハムスターが死にそう!?応急処置と対処法ガイド