ひどい虫歯を抜歯したらどうなる?その後、費用、痛み、治療法、抜かない選択肢まで徹底解説!

 


虫歯が進行して、抜歯が必要になった経験がある方は多いのではないでしょうか。

抜歯は、歯を失うという大きな決断を伴うため、不安を感じるのは当然です。

この記事では、ひどい虫歯を抜歯した場合の費用、痛み、治療法、抜かない選択肢などについて詳しく解説します。

ひどい虫歯 抜歯 費用 治療費

ひどい虫歯を抜歯する場合の費用は、抜歯する歯の本数、状態、治療内容、医療機関によって異なりますが、一般的には以下のような目安となります。

  • 1本あたり: 3,000円~10,000円
  • 親知らず: 10,000円~30,000円
  • インプラント: 1本あたり20万円~30万円

この費用には、抜歯の処置料だけでなく、麻酔代やレントゲン撮影代なども含まれます。

また、抜歯後の治療として、ブリッジや入れ歯が必要になる場合もあります。これらの治療にも費用がかかります。

詳しくは、お近くの歯科医院にご相談ください。

ひどい虫歯 抜歯 痛み

ひどい虫歯を抜歯する場合、麻酔を打つため、治療中の痛みはほとんどありません。

しかし、麻酔が切れた後には、痛みや腫れを感じる場合があります。

痛みの程度は個人差がありますが、一般的には数日から1週間程度で治まります。

痛みが強い場合は、痛み止めの薬を服用することができます。

ひどい虫歯 抜歯 酷い虫歯

ひどい虫歯は、神経まで達している可能性が高いため、抜歯が必要になるケースが多いです。

神経まで達した虫歯は、痛みも強く、治療も困難になります。

また、虫歯が歯の根まで達している場合は、歯根の治療が必要になることもあります。

歯根の治療は、抜歯よりも複雑で、時間もかかります。

ひどい虫歯 抜歯 奥歯

奥歯は、前歯に比べて歯根が大きく、抜歯が難しい場合があります。

また、奥歯を抜歯すると、噛み合わせが悪くなったり、周囲の歯に負担がかかったりする可能性があります。

そのため、奥歯を抜歯する場合は、ブリッジや入れ歯などの補綴治療が必要になることが多いです。

どうして虫歯になるの

虫歯は、虫歯菌と呼ばれる細菌が原因で発生します。

虫歯菌は、糖分を餌にして酸を産生し、この酸によって歯が溶けて虫歯になります。

虫歯菌が増殖する原因としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 甘いものをよく食べる
  • 歯磨きを怠る
  • フッ素入り歯磨き粉を使用していない
  • 定期的に歯科検診を受けない

ひどい虫歯 抜歯しない

ひどい虫歯でも、抜歯せずに治療できる場合があります。

ただし、神経まで達している虫歯の場合は、神経の治療が必要になります。

神経の治療は、痛みを伴い、成功率も100%ではありません。

また、歯根まで達している虫歯の場合は、歯根の治療が必要になります。

歯根の治療は、抜歯よりも複雑で、時間もかかります。

虫歯 その日に抜歯 即日

虫歯をその日に抜歯することは可能です。

ただし、抜歯後の処置が必要になるため、当日のうちにすべて完了できるかどうかは状況によって異なります。

また、抜歯後の痛みや腫れを考慮すると、当日中に抜歯することはあまりおすすめできません。

虫歯 抜歯 どのくらい

ひどい虫歯を抜歯する場合の治療時間は、抜歯する歯の本数、状態、治療内容によって異なりますが、一般的には以下のような目安となります。

  • 1本あたり: 30分~1時間
  • 親知らず: 1時間~2時間
  • インプラント: 1本あたり1時間~2時間

治療時間はあくまでも目安であり、実際にはそれよりも時間がかかる場合もあります。

前歯 ひどい虫歯 治療

虫歯治療:抜歯以外の選択肢

ひどい虫歯でも、必ずしも抜歯が必要というわけではありません。保存治療と呼ばれる、歯を残すための治療法もあります。

保存治療の種類

保存治療には、以下のような種類があります。

  • コンポジットレジン充填: 虫歯部分を削り、コンポジットレジンという樹脂で埋める治療
  • クラウン: 虫歯部分を削り、金属やセラミックなどの被せ物で覆う治療
  • 根管治療: 神経が死んでしまった歯の根っこの治療

これらの治療法は、虫歯の進行度や歯の状態によって選択されます。

保存治療のメリット・デメリット

保存治療には、以下のようなメリットとデメリットがあります。

メリット

  • 歯を失わない
  • 審美的に良い
  • 費用が比較的安価

デメリット

  • 抜歯よりも治療時間がかかる
  • 場合によっては痛みを伴う
  • 再発の可能性がある

保存治療が適している場合

保存治療が適しているかどうかは、歯科医師の診断によって判断されます。

一般的には、以下のような場合に保存治療が適していると言われています。

  • 虫歯が神経に達していない
  • 歯の根が大きく損なわれていない
  • 十分な歯質が残っている

保存治療を受ける際の注意点

保存治療を受ける際には、以下の点に注意が必要です。

  • 定期的に歯科検診を受け、虫歯の再発を防ぐ
  • 歯磨きを徹底する
  • フッ素入りの歯磨き粉を使用する

まとめ

ひどい虫歯でも、必ずしも抜歯が必要というわけではありません。保存治療によって、その後歯を残すことが可能です。

保存治療にはメリット・デメリットがありますが、審美性や費用面などを考慮すると、抜歯よりも望ましい治療法と言えます。

虫歯になったら、早めに歯科医院を受診し、適切な治療を受けましょう。

Popular posts from this blog

りそな銀行で名義変更:必要な手続きと注意点(氏名変更、

体調不良でそのまま退職する方法:円満に退職するためのステップガイド

ハムスターが死にそう!?応急処置と対処法ガイド