差し歯がグラグラ!取れそうだけど取れない?原因と対処法を徹底解説

 


差し歯は、虫歯や歯周病などで失った歯を補うために人工歯を被せる歯科治療です。しかし、経年劣化や外力などによって、差し歯がグラグラしたり、取れそうになったりすることがあります。

今回は、差し歯がグラグラしたり、取れそうになった時の原因と対処法について詳しく解説します。

1. 取れた差し歯

差し歯が完全に取れてしまった場合は、すぐに歯科医院を受診する必要があります。

応急処置

  • 取れた差し歯は、水で洗い、清潔な状態で保管しておきましょう。
  • 差し歯を入れる土台となる歯を清潔に保ちましょう。
  • 痛みがある場合は、市販の鎮痛剤を服用することができます。

歯科医院での治療

歯科医院では、以下の治療を受けることになります。

  • 差し歯の再装着
  • 土台となる歯の治療
  • 場合によっては、新しい差し歯の作成

2. 差し歯 取れた 何日以内

差し歯が完全に取れてしまった場合は、できるだけ早く歯科医院を受診することが大切です。

目安

  • 24時間以内であれば、再装着できる可能性が高いです。
  • 24時間以上経過すると、歯根の感染などのリスクが高くなります。

3. 差し歯 取れそう

差し歯がグラグラしたり、取れそうになったりしている場合は、早めに歯科医院を受診する必要があります。

原因

  • 接着剤の劣化
  • 歯根の破損
  • 虫歯や歯周病の進行
  • 外力による衝撃

症状

  • 差し歯がグラグラする
  • 差し歯と歯茎の間に隙間がある
  • 差し歯に痛みがある
  • 差し歯が浮いているように見える

4. 差し歯 取れそうな時

差し歯がグラグラしたり、取れそうになったりしている時は、以下の点に注意しましょう。

  • 固いものを噛まない
  • 差し歯に力を加えない
  • 歯磨きを丁寧にに行う
  • フロスを使う
  • 歯科医院を受診する

5. 差し歯 取れそう 応急処置

差し歯が完全に取れてしまう前に、以下の応急処置を行うことができます。

応急処置

  • 差し歯を水で洗い、清潔な状態で保管する
  • 差し歯を入れる土台となる歯を清潔に保つ
  • 痛みがある場合は、市販の鎮痛剤を服用する

注意事項

  • 差し歯を無理に自分で接着しようとはしない
  • 差し歯を飲み込まないように注意する

6. 入れ歯と差し歯の違いは

入れ歯と差し歯は、どちらも失った歯を補うための治療法ですが、いくつかの違いがあります。

入れ歯

  • 取り外し可能な義歯
  • 失った歯が多い場合に適している
  • 比較的安価

差し歯

  • 取り外しできない義歯
  • 失った歯が1~2本の場合に適している
  • 入れ歯よりも見た目や機能が優れている

7. 前歯 差し歯 取れそう

前歯の差し歯がグラグラしたり、取れそうになったりしている場合は、特に目立つため、早めに歯科医院を受診することが大切です。

治療法

  • 差し歯の再装着
  • 土台となる歯の治療
  • 場合によっては、新しい差し歯の作成
  • インプラント

8. 差し歯 取れそう で取れ ない

差し歯がグラグラしたり、取れそうになったりしている場合は、慌てずに歯科医院を受診しましょう。

早期発見・早期治療することで、適切な治療を受けることができます。

まとめ

差し歯は、適切なメンテナンスを行えば、長く使用することができます。しかし、経年劣化や外力などによって、グラグラしたり、取れそうになったりすることがあります。

そのような場合は、早めに歯科医院を受診し、適切な治療を受けることが大切です。

Popular posts from this blog

りそな銀行で名義変更:必要な手続きと注意点(氏名変更、

体調不良でそのまま退職する方法:円満に退職するためのステップガイド

ハムスターが死にそう!?応急処置と対処法ガイド