そろばんの級:基礎から1級まで、それぞれのレベルを解説

 


そろばんの級とは?

そろばんは、日本の伝統的な計算道具であり、珠算とも呼ばれます。そろばんには、級と呼ばれる段階的なレベル設定があり、それぞれの級で習得すべき計算能力や知識が定められています。

そろばんの級とレベル

そろばんの級は、10級から1級まで、合計10段階あります。級が上がるにつれて、計算の難易度やスピードが上がり、より高度な計算能力が求められます。

10級~8級:基礎レベル

10級から8級までは、そろばんの基本的な操作や計算方法を学びます。足し算、引き算、掛け算、割り算の筆順や暗算、簡単な応用問題などを練習します。

7級~5級:中級レベル

7級から5級になると、より複雑な計算問題や、分数や小数点を含む計算を学びます。掛け算や割り算の筆順も習得し、計算速度も向上させます。

4級~2級:上級レベル

4級から2級になると、さらに複雑な計算問題や、暗算、珠算式電卓の操作などを学びます。計算速度と正確性が求められ、応用問題にも対応できる能力が求められます。

1級:最高レベル

1級は、そろばんの最高レベルであり、高度な計算能力と知識が求められます。複雑な計算問題や、暗算、珠算式電卓を駆使して、正確かつ迅速に計算できる必要があります。

そろばん検定

そろばんの級は、日珠連(日本商工会議所主催珠算能力検定)や全珠連(全国珠算教育連盟)などの団体が主催するそろばん検定で取得することができます。各級の試験内容や合格基準は、団体によって異なる場合があります。

そろばんを学ぶメリット

そろばんを学ぶことで得られるメリットは、以下のようなものがあります。

  • 計算能力の向上: そろばんは、暗算能力や集中力、論理的思考力を鍛えることができます。
  • 脳の活性化: そろばんは、脳の様々な領域を活性化し、記憶力や判断力などの向上にも効果があります。
  • 将来的に役立つスキル: そろばんの計算能力は、日常生活や仕事においても役立つスキルとなります。

自分に合ったレベルから始め、楽しみながらそろばんを学習することで、多くのメリットを得ることができます。

Popular posts from this blog

りそな銀行で名義変更:必要な手続きと注意点(氏名変更、

体調不良でそのまま退職する方法:円満に退職するためのステップガイド

ハムスターが死にそう!?応急処置と対処法ガイド