でべそ直し方:自然治癒の可能性と治療方法、大人になっても大丈夫?

 


でべそは、お腹の中央部分が飛び出した状態を指します。医学的には臍ヘルニアと呼ばれ、多くは乳幼児期に見られます。

本記事では、でべそ自然治癒の可能性直し方、治療方法大人になっても大丈夫かどうかについて詳しくご紹介します。

でべそ治す方法

でべそは、自然治癒する可能性があります。特に、乳幼児期の場合は、自然治癒率が高く、治療の必要がない場合が多いです。

しかし、以下の場合は、自然治癒が難しく、治療が必要になることがあります。

  • 5歳までに自然治癒しない
  • でべそが大きくなる
  • 痛みや違和感がある
  • 腸閉塞などの合併症のリスクがある

でべそ 治し方 3歳

3歳でべそが気になる場合は、小児外科を受診しましょう。

医師は、でべその状態を診察し、自然治癒の可能性を判断します。自然治癒が難しいと判断された場合は、治療の選択肢を説明します。

でべそ 治し方 高校生

高校生でべそが気になる場合は、小児外科または形成外科を受診しましょう。

大人になっても、でべそは治療することができます。手術によって、でべそを治すことができます。

でべそ 治し方 4歳

4歳でべそが気になる場合は、小児外科を受診しましょう。

3歳と同様に、医師はでべその状態を診察し、自然治癒の可能性を判断します。

でべそ いつ治る

でべそがいつ治るかは、個人差があります。

多くの場合、乳幼児期に自然治癒しますが、5歳までに自然治癒しない場合は、治療が必要になる可能性があります。

なぜでべそになるのか

でべそになる原因は、臍ヘルニアと呼ばれる腹壁の筋肉の弱さです。

臍ヘルニアは、生まれつきのものと、後天性のものがあります。

生まれつきのものでは、臍輪と呼ばれる胎児と胎盤をつなぐ組織が完全に閉じていないことが原因と考えられています。

後天性のものでは、便秘激しい咳などの腹圧が上昇する要因によって、臍輪が弱くなることが原因と考えられています。

でべそにならない方法

でべそにならないためには、腹圧を上げないようにすることが大切です。

  • 便秘を解消する
  • 激しい咳をしない
  • 重い物を持ち上げない
  • 肥満にならない

などが有効です。

でべそ 治し方 幼児

幼児でべそが気になる場合は、小児外科を受診しましょう。

医師は、でべその状態を診察し、自然治癒の可能性を判断します。自然治癒が難しいと判断された場合は、治療の選択肢を説明します。

治療には、圧迫療法手術の2種類があります。

圧迫療法は、でべそに専用の帯や器具を押し当て、腹壁の筋肉を鍛える方法です。

手術は、でべそを切開して、腹壁の筋肉を縫い縮める方法です。

圧迫療法は、痛みや傷跡がないというメリットがありますが、効果が出るまでに時間がかかるというデメリットがあります。

手術は、効果が出るのが早いというメリットがありますが、痛みや傷跡があるというデメリットがあります。

どちらの治療方法を選ぶかは、医師と相談して決めましょう。

まとめ

でべそは、自然治癒する可能性がありますが、5歳までに自然治癒しない場合は、治療が必要になる場合があります。

大人になっても、でべそは治療することができます。

でべそが気になる場合は、小児外科または形成外科を受診しましょう。

Popular posts from this blog

りそな銀行で名義変更:必要な手続きと注意点(氏名変更、

体調不良でそのまま退職する方法:円満に退職するためのステップガイド

ハムスターが死にそう!?応急処置と対処法ガイド