もう悩まない!ものもらいのしこり:そのまま?治る期間、残る原因、治し方、放置の危険性、原因、子供への感染について徹底解説

 


ものもらいは、細菌感染によって起こる目の病気です。まぶたに赤い腫れや痛み、膿などができ、ひどい場合には視力障害を引き起こすこともあります。

ものもらいには、しこりができることが多く、いつ治るか、残ってしまう原因、治し方など、様々な疑問が湧いてきます。

本記事では、ものもらいのしこりに関する疑問を徹底解説します。

見出し1:ものもらい しこり どれくらいで治る

ものもらいのしこりは、一般的には自然治癒により、1~2週間で治ります。しかし、症状がひどい場合や、放置した場合には、治癒に時間がかかったり、しこりが残ったりすることがあります。

見出し2:ものもらいしこりが残る

ものもらいのしこりが残ってしまう原因は、主に以下の2つが考えられます。

  • 膿が完全に排出されていない: 膿が完全に排出されていない場合、しこりが残ってしまうことがあります。
  • 細菌感染が続いている: 細菌感染が続いている場合、しこりが残ってしまうことがあります。

見出し3:ものもらいしこり治らない

ものもらいのしこりが治らない場合は、以下の原因が考えられます。

  • 免疫力の低下: 免疫力が低下していると、細菌感染が治りにくくなり、しこりが残ってしまうことがあります。
  • 糖尿病などの持病: 糖尿病などの持病を持っていると、細菌感染が治りにくくなり、しこりが残ってしまうことがあります。
  • 薬の服用: ステロイド剤などの薬を服用している場合、細菌感染が治りにくくなり、しこりが残ってしまうことがあります。

見出し4:ものもらいしこり治し方

ものもらいのしこりを治すには、以下の方法があります。

  • 自然治癒を待つ: 軽度のものでは、自然治癒により治ることがあります。
  • 温湿布: 温湿布をすることで、血行を促進し、膿の排出を促すことができます。
  • 目薬: 抗生物質入りの目薬をさすことで、細菌感染を抑えることができます。
  • 軟膏: 抗生物質入りの軟膏を塗ることで、細菌感染を抑えることができます。
  • 手術: しこりが大きい場合や、薬物療法で改善しない場合は、手術で切除することもあります。

見出し5:しこり どんなもの

ものもらいのしこりは、まぶたにできる赤い腫れや膿の塊です。痛みや痒み、目が開きづらくなるなどの症状が現れます。

見出し6:ものもらいしこり放置

ものもらいのしこりを放置すると、以下のリスクがあります。

  • しこりが残る: しこりが残ってしまう可能性があります。
  • 視力障害: ひどい場合には、視力障害を引き起こすこともあります。
  • 再発: 一度治っても、再発する可能性があります。

見出し7:なぜものもらいができるのか

ものもらいは、主に以下の原因で起こります。

  • 細菌感染: 黄色ブドウ球菌などの細菌がまぶたの毛穴や傷口から侵入し、感染を起こすことで起こります。
  • 目の疲れ: 目の疲れやストレスによって、免疫力が低下し、細菌感染が起こりやすくなります。
  • 目の衛生状態が悪い: まぶたの汚れや目をこすりすぎると、細菌感染が起こりやすくなります。

見出し8:子供ものもらいしこり

子供も大人と同じようにものもらいになります。子供の場合、大人よりも目の衛生状態が悪いことが多いため、ものもらいになりやすい傾向があります。

まとめ

ものもらいのしこりは、自然治癒により治ることが多いですが、症状がひどい場合や、放置した場合には、治癒に時間がかかったり、しこりが残ったりすることがあります。しこりが気になる場合は、早めに眼科を受診するようにしましょう。


    Popular posts from this blog

    りそな銀行で名義変更:必要な手続きと注意点(氏名変更、

    体調不良でそのまま退職する方法:円満に退職するためのステップガイド

    ハムスターが死にそう!?応急処置と対処法ガイド