強制執行空振り後の対応:時効や費用、再執行まで徹底解説

 


強制執行の空振りは、債権者にとって非常に大きな打撃となります。せっかく裁判で勝訴判決を得たにもかかわらず、実際に債務者からお金を取り戻せないという事態に陥ってしまうのです。

しかし、空振りだからといって諦める必要はありません。空振り後には、いくつかの選択肢があり、状況によっては再執行も可能です。

この記事では、強制執行空振りのその後について、時効費用再執行まで詳しく解説します。

見出し1:強制執行空振り 時効

強制執行空振りの場合、債権債務の関係によって時効が異なります。

  • 金銭債権: 10年
  • 物権: 20年

ただし、時効中断によって時効が止まる場合があります。主な時効中断事由は以下の通りです。

  • 請求権に基づく訴えの提起
  • 督促の申立て
  • 債務の承認
  • 弁済の供託

見出し2:強制執行空振り

強制執行空振りとは、債務者が財産を隠したり、執行官の差押を逃れたりして、強制執行が成功しないことを指します。

空振りの原因としては、以下のようなものが考えられます。

  • 債務者が財産を処分している: 債務者が財産を売却したり、第三者に贈与したりして、執行官が差押できる財産がなくなっている場合があります。
  • 債務者が所在不明: 債務者の住所や勤務先が分からない場合、執行官が差押を行うことができません。
  • 債務者が執行を妨害: 債務者が執行官の差押に抵抗したり、執行官を妨害したりする場合があります。

見出し3:強制執行空振り 費用

強制執行空振りにかかる費用は、執行官に支払う手数料と、弁護士に支払う報酬の2種類があります。

  • 執行官手数料: 執行官の業務内容によって異なりますが、一般的には数万円程度です。
  • 弁護士報酬: 弁護士に依頼する場合は、着手金と報酬金が必要になります。着手金は、通常、訴訟物の価額の10%程度ですが、具体的な金額は弁護士によって異なります。報酬金は、成功報酬と日当報酬のいずれかを選択することができます。

見出し4:強制執行空振り 時効中断

強制執行空振りの場合、時効中断によって時効が止まる場合があります。

主な時効中断事由は以下の通りです。

  • 請求権に基づく訴えの提起: 債権者が債務者に対して訴訟を提起した場合、時効は中断されます。
  • 督促の申立て: 債権者が裁判所に督促の申立てをした場合、時効は中断されます。
  • 債務の承認: 債務者が債権の存在を認めた場合、時効は中断されます。
  • 弁済の供託: 債務者が債権を裁判所に供託した場合、時効は中断されます。

空振り後にするべきこと

強制執行空振りとなった場合、以下の3つの選択肢があります。

  1. 再執行: 債務者が新たに財産を取得した場合、再執行を申し立てることができます。
  2. 差押登記: 債務者の不動産に差押登記をすることで、債権者は競売手続を利用して債権を回収することができます。
  3. 債権放棄: 債権回収が困難と判断した場合、債権を放棄することができます。

どの選択肢が最適かは、個々の状況によって異なります。弁護士に相談して、最適な対応方法を検討することをおすすめします。

まとめ

強制執行空振りは、債権者にとって大きな打撃となります。しかし、適切な対応によって、債権を回収できる可能性があります。

空振り後には、時効費用再執行などについて理解し、弁護士に相談しながら最適な対応方法を検討することが重要です。

Popular posts from this blog

りそな銀行で名義変更:必要な手続きと注意点(氏名変更、

体調不良でそのまま退職する方法:円満に退職するためのステップガイド

ハムスターが死にそう!?応急処置と対処法ガイド