指の表皮をそぎ落とした場合:原因、対処法、病院選びのポイントまで徹底解説

 


指先を何かで削ってしまい、表皮が剥がれてしまった経験は誰にでもあるのではないでしょうか?

一見軽傷のように思えますが、放置すると感染症などのリスクも高くなります。

この記事では、指の表皮をそぎ落とした場合の適切な対処法や、皮膚科・形成外科などの受診のタイミング、ひょうその原因や治療法まで、指先のトラブルに関する疑問を余すことなく解説します。

指の表皮をそぎ落とした場合、何科を受診すべき?

指の表皮を削ってしまった場合、適切な治療を受けるために皮膚科または形成外科を受診しましょう。

症状によっては、整形外科救急外来が必要になる場合もあります。

皮膚科は、一般的な皮膚疾患の診断と治療を専門としています。軽度の表皮剥離であれば、皮膚科で適切な処置を受けることができます。

一方、形成外科は、皮膚の欠損や変形に対する手術や再生治療を専門としています。表皮だけでなく、真皮や皮下組織まで損傷している場合や、傷跡が目立つことを心配している場合は、形成外科を受診することをおすすめします。

受診の目安としては、以下の点に注意しましょう。

  • 出血が止まらない
  • 傷口が深い
  • 痛みや腫れがひどい
  • 傷口が化膿している
  • ひょうそが複数ある
  • 顔や指などの目立つ部位に傷がある

上記のような症状がある場合は、早めに医療機関を受診してください。

指の表皮をそぎ落とした際の応急処置

指の表皮を削ってしまった場合は、以下の手順で応急処置を行いましょう。

  1. 流水で傷口を洗い流す:傷口に付着した汚れや細菌を洗い流します。
  2. 清潔なガーゼや布で傷口を圧迫する:止血を行います。
  3. 傷口より心臓の位置が高くなるように、患部を挙上する:腫れを抑えます。
  4. 清潔なガーゼや包帯で傷口を覆う:傷口を保護します。

注意点

  • 傷口を直接触らない
  • 無理に皮を剥がさない
  • アルコールや消毒液で傷口を消毒しない

これらの処置を行った後、できるだけ早く医療機関を受診してください。

指の表皮剥離の原因と予防法

指の表皮剥離は、主に以下の原因によって起こります。

  • 機械による外傷:包丁やピーラーなどで指を切る、機械に指を挟むなど
  • 熱傷:熱い鍋やストーブに触れる
  • 乾燥:冬場の乾燥や、ハンドソープの使い過ぎによる乾燥
  • 皮膚疾患:アトピー性皮膚炎、白癬(みずむし)など

予防法としては、以下の点に注意しましょう。

  • 作業中は注意深く作業する
  • 熱いものには十分注意する
  • 肌を乾燥させないように保湿クリームを使用する
  • 皮膚疾患がある場合は、適切な治療を受ける

指の表皮を削ってしまった場合の病院選びのポイント

指の表皮を削ってしまった場合、適切な治療を受けるために皮膚科または形成外科を受診する必要があります。

病院を選ぶ際には、以下の点に注意しましょう。

  • 専門医がいるかどうか:皮膚科や形成外科の中でも、手指の外傷や皮膚疾患の治療に詳しい医師がいるかどうかを確認しましょう。
  • 実績:過去に同様の症例を多く扱ってきた実績のある病院を選びましょう。
  • アクセス:通いやすい場所にある病院を選びましょう。
  • 口コミ:他の患者さんの口コミを参考にしましょう。

おすすめの病院の探し方

  • インターネットで検索する:「皮膚科 指の表皮剥離」、「形成外科 指 削った」などのキーワードで検索すると、近くの病院を見つけることができます。
  • 健康保険組合に相談する:健康保険組合によっては、医療機関を紹介するサービスを提供している場合があります。
  • かかりつけ医に相談する:かかりつけ医があれば、紹介状を書いてもらうことができます。

まとめ

指の表皮をそぎ落とした場合は、適切な処置を受けることが重要です。

早めに医療機関を受診し、医師の指示に従って治療を受けるようにしましょう。

また、日頃から予防を心がけることで、指の表皮トラブルを防ぎましょう。

Popular posts from this blog

りそな銀行で名義変更:必要な手続きと注意点(氏名変更、

体調不良でそのまま退職する方法:円満に退職するためのステップガイド

ハムスターが死にそう!?応急処置と対処法ガイド