Posts

Showing posts from May, 2024

もう悩まない!ものもらいのしこり:そのまま?治る期間、残る原因、治し方、放置の危険性、原因、子供への感染について徹底解説

  ものもらいは、 細菌感染によって起こる目の病気です。 まぶたに赤い腫れや痛み、 膿などができ、 ひどい場合には視力障害を引き起こすこともあります。 ものもらいには、 しこりができることが多く、 いつ治るか、 残ってしまう原因、 治し方など、 様々な疑問が湧いてきます。 本記事では、 ものもらいのしこりに関する疑問を徹底解説します。 見出し1:ものもらい しこり どれくらいで治る ものもらいのしこりは、 一般的には自然治癒により、 1~2週間で治ります。 しかし、 症状がひどい場合や、 放置した場合には、 治癒に時間がかかったり、 しこりが残ったりすることがあります。 見出し2:ものもらいしこりが残る ものもらいのしこりが残ってしまう原因は、 主に以下の2つが考えられます。 膿が完全に排出されていない: 膿が完全に排出されていない場合、 しこりが残ってしまうことがあります。 細菌感染が続いている: 細菌感染が続いている場合、 しこりが残ってしまうことがあります。 見出し3:ものもらいしこり治らない ものもらいのしこりが治らない場合は、 以下の原因が考えられます。 免疫力の低下: 免疫力が低下していると、 細菌感染が治りにくくなり、 しこりが残ってしまうことがあります。 糖尿病などの持病: 糖尿病などの持病を持っていると、 細菌感染が治りにくくなり、 しこりが残ってしまうことがあります。 薬の服用: ステロイド剤などの薬を服用している場合、 細菌感染が治りにくくなり、 しこりが残ってしまうことがあります。 見出し4:ものもらいしこり治し方 ものもらいのしこりを治すには、 以下の方法があります。 自然治癒を待つ: 軽度のものでは、 自然治癒により治ることがあります。 温湿布: 温湿布をすることで、 血行を促進し、 膿の排出を促すことができます。 目薬: 抗生物質入りの目薬をさすことで、 細菌感染を抑えることができます。 軟膏: 抗生物質入りの軟膏を塗ることで、 細菌感染を抑えることができます。 手術: しこりが大きい場合や、 薬物療法で改善しない場合は、 手術で切除することもあります。 見出し5:しこり どんなもの ものもらいのしこりは、 まぶたにできる赤い腫れや膿の塊です。 痛みや痒み、 目が開きづらくなるなどの症状が現れます。 見出し6:ものも