おへそが飛び出ちゃう!?「でべそ」の原因と治療法を徹底解説!


はじめに

赤ちゃんのおへそが飛び出しているのを見て、「大丈夫かな?」と心配された経験はありませんか?

実は、おへそが飛び出ている状態は**「でべそ」**と呼ばれ、意外と多く見られる症状です。

今回の記事では、でべそについて、原因治療法新生児の出べそなど、詳しく解説していきます。

1. でべそ 治し方

でべそは、ほとんどの場合、自然に治癒します。

しかし、以下の場合は、治療が必要になる可能性があります。

  • でべそが大きくなる
  • 痛みがある
  • 腸が飛び出す

このような場合は、小児外科を受診し、手術などの治療法を検討する必要があります。

2. でべそ原因

でべそは、腹筋の筋膜が弱いことが原因で起こります。

具体的には、以下の要因が考えられます。

  • 先天性の原因:生まれつき腹筋の筋膜が弱い場合
  • 後天性の原因:おなかに強い圧力がかかることによる筋膜の弱化

3. でべそを治す方法

でべそは、自然に治癒するケースが多いですが、以下の方法で治療を促進することができます。

  • サポーターやベルトを着用する:腹筋を圧迫することで、筋膜を強化することができます。
  • 運動をする:腹筋を鍛えることで、筋膜を強化することができます。

4. 出べそ手術

でべそが大きくなったり、痛みがあったり、腸が飛び出たりする場合は、手術が必要になる可能性があります。

手術方法は、でべその大きさや状態によって異なりますが、一般的には、飛び出た腸を元の位置に戻し、筋膜を縫い縮めるという方法が行われます。

5. 出べそ 新生児

新生児の出べそは、**約10%~20%**の赤ちゃんに見られます。

ほとんどの場合、自然に治癒しますが、大きくなっていく場合は、小児外科を受診する必要があります。

6. 出べそ なぜ

でべそは、腹筋の筋膜が弱いことが原因で起こります。

具体的には、以下の要因が考えられます。

  • 先天性の原因:生まれつき腹筋の筋膜が弱い場合
  • 後天性の原因:おなかに強い圧力がかかることによる筋膜の弱化

7. 妊娠 出べそ

妊娠中の女性は、ホルモンの影響で腹筋が弱くなり、でべそが出やすくなることがあります。

出産後には、自然に治癒するケースが多いですが、大きくなっていく場合は、小児外科を受診する必要があります。

まとめ

でべそは、多く見られる症状ですが、ほとんどの場合、自然に治癒します。

しかし、大きくなったり、痛みがあったり、腸が飛び出たりする場合は、治療が必要になる可能性があります。

新生児の出べそも、ほとんどの場合、自然に治癒しますが、大きくなっていく場合は、小児外科を受診しましょう。

今回紹介した内容を参考に、不安な場合は早めに医療機関を受診してください。

Popular posts from this blog

りそな銀行で名義変更:必要な手続きと注意点(氏名変更、

体調不良でそのまま退職する方法:円満に退職するためのステップガイド

ハムスターが死にそう!?応急処置と対処法ガイド